FC2ブログ

TOKYO JAZZ TRIP2013 ③

TOKYO JAZZ TRIP 2013


[5月3日編つづき]


JAZZオリンパスを出てから、お茶の水駅までの坂を歩くのは実に楽しいものです。

色々な楽器屋さんに寄り道をしました。

東京でギターを買うとなれば、ほとんどの人がここに来るんじゃないかなー

379_convert_20130512214352.jpg


学生っぽい人の姿も目立ちました。販売されているギターの値段なのですが、

ピン・キリで、全部の店を周ったわけではないのですが、7~8万円か

100万以上というお店が結構ありました。安価なギターを販売している店が

多かったのですが、値段的にも音的にもバランスがとれる16万から25万前後の

ギターがあまりなかったなーという印象でした。(アコギもエレキも)


さていよいよ、一番行きたかった、diskunion Jazz TOKYOに到着です。

総売り場面積100坪。CD・レコード在庫総数10万枚。

「世界最大のジャズ専門店」といわれている売り場に圧倒されました。

見やすく綺麗でしたねー

JAZZ TOKYO 1


音楽関連のグッズもとても充実していました。

たとえば、犬印鞄製作所のレコードがすっぽり入るトートバッグとかの

鞄類がとても魅力的でしたーw(買いそうになったのですが、冷静に考えてみれば

昔ほどレコードを大量に購入することも無くなっているしーと思いスルー)

JAZZ TOKYO3


JAZZ TOKYOの魅力はなんといっても、今のJAZZの旬をつかんでいることです。

大阪での、中古レコード屋なんかの場合、有名店でも、レコードをまとめ買い

している人はあまりみないのですが、ここはざっく、ざっく!と買っている人が沢山いました。

JAZZレコードのエサ箱を見てみると、例えば、20枚あれば、半分ぐらいが購入したくなるものでした。

だいたい比率でいうと、100枚見て1枚あるかないかぐらいなんですがねー

JAZZ TOKYO2



G・Wということもあって、豊富に仕入れしていたのかなー

中でも日本のJAZZのコーナーが、かなりやばかったです。

CDでしかみたことのないレコードがいっぱい。。。!

こんなの大阪では考えられんなー@@

迷いに迷って今回厳選して3枚購入しました。

奇跡のような出会いの3枚でした。



まずはこれ。
酒井俊 LOVE SONG

SHUN.jpg

これ欲しかったんですよねー

AMAZONでもいつも品切れになっている。

中古でもみたことない。



内容はキャロル・キングやダニー・ハサウェイのナンバーを歌っていて

L.A.録音によるせいか、とてもリラックスした70年代感のある

クロスオーヴァー・サウンドでした。

古くさい言葉でいうなら、1978年夏のカリフォルニアの陽射しが封じ込められたレコード。

中の解説を読むとこのレコードを録音した時は、

毎朝、ジョギングと水泳をしてから、夜にレコーディングをしていたそうなんです。



ビリー・プレストンやジョー・コッカーのヴァージョンで有名な

「ユー・アー・ソー・ビューティフル」、

ダニー・ハサウェイの「フライング・イージー」からジェリー・バトラーの

モータウン盤『スイート・フォー・ザ・シングル・ガール』に入っていた

「ホワット・ア・プレザント・サプライズ」から、

ウォーのナンバー、そしてH.P.ライオットのキーボード奏者/アレンジャーのディ

ウェイン・スイート(ウィスパーズのバックを務めたことでも知られる)が書いた

「ライト・ユア・ネーム」まで、もうこれでもかー!という感じでした。



酒井さんといえば、日本語で歌うJAZZが有名なんですが、この中の

「スマイル・ハッピー」がそのきっかけになるものなんです。


酒井さんの魅力はレコードやCDやライブを聞いてみないとは伝わらないと思うの

ですが、例えば「愛燦々」という曲を酒井さんは歌っています。


完璧な歌唱で残された美空ひばりのオリジナルが“定本”だとするなら、

その対極にあるような個性あふれるものなんですよね。

何がジャズであるか以前に、歌うという行動にジャズというセンスを埋め込んでしまえるすごい人なんです。


以前ブログにもかいたのですが、酒井さんの IT DON'T MEAN A THINGを聞いて

とてもぶっ飛んだんです。今回、東京でのライブを探したのですが、

残念ながらスケジュールが合いませんでした。 


ついでこちら

山本剛 LIFE

yamamoto tsuyoshi
1. グリーン・ドルフィン・ストリート
2. ホエン・アイ・フォール・イン・ラヴ
3. いつか王子様が
4. イフ・ユー・クッド・シー・ミー・ナウ
5. ビリーサム・ブルース
6. これからの人生
7. 降っても晴れても


えーこんなの、見つかってしもうたー!というのが最初の印象。

DISK UNION最高!ちなみにDISK UNIONの通販でも売られていたのですが

僕が買ってから、すぐに売り切れ・注文不可の表示がでました!

いやーたまらんなーwww


これは、山本さんが28歳のときに吹き込んだレコードで1976年発売。

初めてアメリカのJAZZメンと共演したものです。

ベースがサム・ジョーンズ。ドラムがビリー・ヒギンズ。

彼のピアノは、とにかくわかりやすい。文句なしにスイングします。

そしてよく歌う。バラードでは涙腺が緩むんですよねー。


なぜかなー。彼は歌にとても詳しく、歌詞とその意味をとても理解しているらしく

そういうのが、演奏での表現につながるのかなー

ミスティーは何度聞いたかもしれません。

僕はE・ガーナーよりもこの人なんです。オリジナルを超えてます。

日本のJazzピアニストで僕は一番だと思っています。

で、世界でも通用します。

それは、スタンダードの解釈にとても哀愁があり

共演している、外国ミュージシャンもそれに感化されてしまうからなんです。


今回の東京JAZZ TRIPの期間中になんとかライブを見れないもんかと

必死で探しました。

銀座で新しめのJAZZバーが、ほんとに、ひっそりと

告知をしていました。

全席数、わずか12席!!

奇跡的にも、予約が取れました!

そのことは後に書く、[5月4日編]でUPしたいと思います。



3枚目はこちら。

TUBBY HAYES QUARTET MEXICAN GREEN

TUBBY.jpg

1. Blues In Orbit (Tony Levin)
2. Dear Johnny B (Tony Levin)
3. Dedication To Joy (Tony Levin)
4. Mexican Green (Tony Levin)
5. Off The Wagon (Tubby Hayes Quartet)
6. Second City Steamer (Ron Mathewson)
7. Trenton Place (Tony Levin)

タビー・ヘイズのサックスのブローはとにかくよく歌うんです。

よく似たタイプにズート・シムズがいると思うのですが、

タビーはもっとバップ色が強くて、イギリスのJAZZシーンを牽引してきた人なんです。

レコード屋に行きましても、ちょこっとコーナーがあったりするのですが

新譜もわりと高いめ。そんな中で、ずっしりと思いレコードと価格も手頃。

フォンタナ原盤などではなかったのですが、内容はとても満足いくものでした。

聞いていて楽しくJAZZなんですよねー(しいていうならロリンズのようーw)

それでいて、結構先鋭的なフレーズも連発(コルトレーンのようw)

このレコードは部分的にモードやフリーの解釈も入っていますが、

時代的にそういう流れではあったのでしょうね(1967録音です)

解説によると、彼のほぼピークの時の演奏だそうです。



一日中でも居れそうなのですが、次の予定地である、四谷イーグルに向かいます。

ふと、休業しているのではないかと思い、電話をすることにしました。

結果「休み」!!残念だなー ま、G・Wだし仕方ないかなー



そして、次の予定地である赤坂見附の「HOOTERS」に向かいます。

赤坂東急プラザの2階にありました。

エスカレーターをあがって行きます。

ここです。

iriguti.jpg

勇気をだして一人で入店。

ホステスと呼ばれる女の子にまず禁煙か喫煙か聞かれます。

で、案内ww

966_convert_20130512220840.jpg


ひとり客がほかにもいたーちょっとほっとしたなー

メニュー表を渡されます。

メニュー


「フーターズにはよく来るんですかー?」

「初めてなんですよー。大阪から来ました」

「えーわざわざ、ありがとうございますーっ!」



よくフーターズガールは「ため口」なんてことを書かれていたりしますが、

気持ちの良い接客でした。でも

目のやり場に困るんですよねーw

こんな感じなんですー!!

ガール

夕方4時ぐらいに入店したので、予想よりも女の子が少ない感じでした。

さらに、フーターズガールが話かけてきます。

「今の時間帯は、わりとまったりとして、こんな感じなんですが

途中ダンスタイムもあるので、ゆっくりしていってくださーい!」

フィッシュアンドチップスと黒ビールを注文しました。

967_convert_20130512220530.jpg

MUSIC VIDEOのほかに巨人、と阪神とサッカーの中継がテレビで流されていました。

一日目の東京で走るように移動してきて、やっとここでのんびりしています。

けっこう量が多かったのですが、ゆっくりと食べて美味しかったですねー


そうこうするうちに音楽が大音量に変わります。

なんだかこちらから、見えない喫煙席で踊ってるぞー!

見たいのだけど、立って見に行くのも、やらしいしなー。。。

すると、また違う音楽が大音量で流れだしました。

店内の女の子全員が僕のいる禁煙エリアのほうに移動です。

ダンスタイム

ダンスをしながら、女の子たちが”フーっ!!」と掛け声をあげお客さんを煽ってきます。

グループできた人たちは、ノリノリで顔にフーターズペイントやらもしてもらって、

明るい店内で踊っているお客さんもいました。

僕の近くにもフーターズガールがきて煽ってくるのですが、

困る、困る。。。僕は小さい声で「フぅ-っ!」


ダンスがおわりました。あー汗かくなー。

女の子が近づいてきました。

「ハイ タッチー!!」

えー! 

意表をつかれて、立ち上がってしまい。

ハイタッチしてしまいました(*^。^*)

ga-ru.jpg

約1時間ぐらいの滞在だったのですが、アメリカンな雰囲気と

お色気とヴォリューミーな料理が味わえる割には結構お手頃なんではないかなー

黒ビールと料理で2000円ちょっとでした。

965_convert_20130512221137.jpg
 


途中トイレにもいきましたが、こんな感じだったです。

968_convert_20130512222105.jpg


だんだんと日が暮れ始めました。

このあと日比谷に向かいます。

一日が長いー

あーーっ! 東京って楽しいな!



人気ブログランキングへ




TOKYO JAZZ TRIP 2013 ③

[5月3日編 つづき]

浅草というところは、笑ってしまうぐらい

下町感が満載だったんですよー

340_convert_20130509001236.jpg
タップといえば、浅草ー!


375_convert_20130509001042.jpg
はじめて、みたー大阪からきたから、うけるーw
餃子と焼飯高すぎーっ!


376_convert_20130509001533.jpg
買う人おるのー?


373_convert_20130509001718.jpg
ポスター、貼りすぎー!



それにしても、川越しに見るスカイツリーは絵になっていましたねー。

ツリーのふもとは、もっと多いのではないかと思い、スルーし

次の目的地である、お茶の水のDISC UNIONを目指します。

せっかくなんで、地下鉄を神田でおり、そこから徒歩で小川町のJAZZ ORYMPUS!へ

靖国通りをずんずん歩いて行きます。

今回の旅行は、地図は一切持たずに、I PHONEのGOOGLE MAPを頼りに移動をしたのですが、

思いのほか使いづらく(ナビみたいに進行方向にMAPが向いてくれないし、歩く速度にリアルタイムで

ついてこれないんです。)途中からは自分の勘を頼りに行動しました。

378_convert_20130508234837.jpg


JAZZ ORYMPUSU! 近くの駿台下というところまで、来ているのに、

五差路になっているため、結構迷いました。

2時すぎにやっとのことで到着!
(2時からはスピーカ音量がフルヴォリュームになります!!)


スピーカーの正面ちかくの席を確保できました。

377_convert_20130508235112.jpg


カレーを頼もうかと思ったのですが、

お腹がいっぱいだったためにホットコーヒーを頼みました。

カレーが一押しらしく、メニュー表はペギー・リーのレコードジャケットに裏張りしていました。
(ここのチキンカレーは、以前DANCHUのカレー特集号の表紙を飾ったそうです。
食べておくべきだったかなー。。。)

960_convert_20130508235434.jpg


入店してすぐ、レコードのジャケットが変わりました。

41FS9KRRGWL.jpg

あーこれ。よく考えれば、JAZZ喫茶のド・定番みたいなレコードを

家以外で聞くのは初めてかなー(ほんとにそうかも!)

ソニー・クラークのマイナー調ピアノは、もろに日本人好みなんですよねー

おまけにサックスがジャッキー・マクリーンなんですから。

962_convert_20130509000027.jpg

ここの特徴はJBLのオリンパスというスピーカーを使用していることです。

今やあまり見られない年代物のスピーカですねー

音を聞いて感じたことは確かにJBLの音なんですが、

予想していたより新しい音がしました。お店の内装やアンプの違いもあるのかな?

雑誌もたくさんあったのですが、オーディオ関係の本が多かったです。

土地柄、女子大生らしい4人組のお客さんもいました。

あー、めずらしいな。とおもったのですが、JAZZ好きなんだなと思いました。

ビル・エバンスのジャケットを見ながら、なにか話してましたから。

僕の前に50代と思しき(たぶん)夫婦がいたのですが、

JAZZ好きな感じで、

クール・ストラッティンの最初の音が鳴った時に

2人目を合わして、いいのかかったな~ とうなづきあっていました。

963_convert_20130509000318.jpg


勝手な想像なんですがねー

若いころから、この二人はJAZZを聞いてきたんじゃないかなーと。

よく、あるじゃないですか、どちらか、一人が音楽好きで、

もう一人がそれに影響される、なんてこと。

二人は出会う前から、両方JAZZが好きだったんちがうかなーと。。。

勝手な妄想にずいぶん入り込んでいました。

ま、こういうのも一人旅の醍醐味なんでしょうねー

基本一人なんで口数が少なくなるんで、考える時間が増えますよねーw

そうこうしているうちに、またレコードが変わりました。


81IwrGQeggL__AA1500_.jpg


これには驚きましたね。

アート・ブレイキーのドラム。

家で聞いているときは激しすぎて、ちょっと叩き過ぎ!なんて思い

つい、ステレオのヴォリューム下げるのですが、

ここでは、「もっとたたいて!」

なんですからねー

とにかく元気のでるアルバムなんです。

”ハードバップ時代の夜明け”なんてことを言われたりしますね。

こんなのが、昔はTOKYOのJAZZ喫茶でいっぱい

かかっていたのかなー

961_convert_20130509002818.jpg


あー、そうそう

トイレに行こうと思って、

人が行き来している、たぶんここだろうという

”引き戸”を右にガラガラーと開けたんですよね。

あっ!と思わず、ぴしゃりと閉めてしまいました。

あけたところ、ホテルのフロントになっていたんです。

で、振り返るとマスターがこっちを見ていて、

ひとこと「つきあたり!」

つきあたりは、フロントの人が立っていて、

何も言わずに、右手であちらーみたいなwww

見事な連携プレーです。

構造的なことをいえば、

JAZZオリンパスは、お茶の水ホテル昇龍館の1階の敷地内にあって

JAZZ喫茶のトイレ・イコール・ホテルのトイレなんですよねー





964_convert_20130509004941.jpg


お客さんが、ちらほら沢山入って来ました。

タイミングの良いところで、

オリンパスを後にし、

これから、JAZZ DISC UNION TOKYOに向かいます。



(つづく)




人気ブログランキングへ



TOKYO JAZZ TRIP 2013 ①

TOKYO JAZZ TRIP 2013・5・2~5・5 

今回、G・Wで東京にJAZZを聞きに行ってきました!!



[5月2日編]

仕事を定時に終わり、そそくさと関西空港へ。

気温が一時的に低くなったせいもあるのですが、

少し寒気と熱を帯びたようなしんどさです。

寒いので、空港で薄手のマフラーを買い首に巻く。

夕食は一番温もりそうな、神座ラーメンを食べました。

913_convert_20130506154156.jpg


思えば、20代の頃、北海道に一人旅をする前日も同じような感じだっかかなー

北海道は電車の旅で、帰りに東京に一日寄るのがすごく楽しみでした。

それが、今回は、まるまる4日間東京。

それも目的はJAZZ♪♪ 

そして往復飛行機!おおぉーっ!

これはテンションがあがりすぎて熱がでるのも無理はないかなー!

搭乗手続きや荷物検査も早め早めに済まし、あとは飛行機乗るだけ~

あーそうそう、飛行機はあまり得意でないので

離着陸の時はちょっと緊張しましたー

やっぱり慣れないなー

916_convert_20130507001244.jpg



夜の空港は綺麗でしたねー

特に羽田に着陸する前の夜景も見事でした!

羽田空港の国内線ターミナルから東京モノレールで新宿まで移動したのですが

これが大正解で、ベイブリッジや観覧車を見ながら

遠くの景色がきれいで、真っ暗のところでは、車内や自分の姿が

電車の窓に映ります。

あーこんなん、プロモーションビデオでよくあるなー

なんてことを思いながら、モノレールは

スルスルと都心に近付いていきます。

bei.png


夜の11時半ぐらいに新宿到着!

人が多い!なにこれ!

甲州街道をホテルまでキャリーをころがしながら8分ぐらい歩きます。

途中、飲み屋のネオンや、お洒落なイタリアンバールがあり

誘惑に駆られます。

あかん、あかん、もう遅いし、体調も悪いし、

今、酒飲んだら明日からの予定が、、、

東京オリンピックのプロモーションがいっぱい。

バスターミナルなんかこんな感じです。

917_convert_20130507001544.jpg


ホテルに到着!

よかったのは、加湿器付のシャープのプラズマクラスターが設置されていたこと。

これが、あることで、ホテルにありがちな閉塞感や、乾燥がなく

ずいぶんと楽でした。部屋には有線のLANも設置されており、

さつそく持参したノートパソコンを繋ぐー

めっちゃ~快適@@

918_convert_20130507001749.jpg


シングルなので、そんなに広くはないですが

冷蔵庫もたくさん入るし、液晶テレビは綺麗やし、窓も開閉できるし、

枕はテンピュールやし、1階にはローソンがあるしー、、、

そのあとすぐ、お風呂にお湯を貯めて、入浴剤を入れる。

ここのホテル、フロントでいえば、なんとクナイプが貰えます。

すげー!!家からせっかく持参した入浴剤いらんやん!!

3泊したのですが、自分の部屋の帰るような居心地よさでした。

その日は熱が出ないことを祈り眠りに就く。





[5月3日編]


体内時計とはすごいもので、いつも起きる6時15分ぴったりに起床。

うーん体調はまずまずかなー

この日の朝食はこんな感じ。

1026_convert_20130507002057.jpg



とりあえず、今回の旅の目的に一つである皇居ランに向かう。

走って見たかったんですよねー皇居!

933_convert_20130507002259.jpg


去年、神戸フルマラソン走ってから、ランニングが趣味の一つになったので
(ちなみに今年も申し込んでいます!)

で、皇居走ることで問題点がいくつか。

ウェアやシューズは持参するのか、シャワーは浴びるところがあるのか。

着替えるところがあるのか。。

それらをすべて解決してくれるスポットがここ。

ラフィーネ・ランニングステーション">ラフィーネ・ランニングステーション

ラフィーネといえば駅や都心でマッサージをしているお店ですね。

ここがランステをやっています。

色々調べたのですが、皇居の周りのはランステが点在しており、

こちらのお店は大手町にあり、皇居まで走って5分という

立地の良さでした。登録料と手ぶらセットで1,000円でした。

942_convert_20130507002538.jpg


念願の皇居ランをスタート!

体調はまずまずかな。ウェアのレンタルを長袖にしたことが

後悔するくらい汗がドバドバ流れます。

あー快適だなー。

早朝ということもあって、そんなに人も多くなく、

東京タワーや国会議事堂や二重橋を見ながら、桜田門を走り抜けます。

939_convert_20130507002713.jpg


ラン二ングは皇居外周のみで、中の砂利のところはランニング禁止です。

1週5キロはあっという間でした!

924_convert_20130507002929.jpg

944_convert_20130507013421.jpg


ランステにもどり、シャワーをし、イオン系のドリンクを飲みふーっ!

あらら!さっきまで感じていた体調の悪さはどこに???

熱が全部吹っ飛んでしまったような!!


せっかくなんで、ここから東京駅までランニング移動しました。

途中はこんなところを通る。

282_convert_20130507013215.jpg





東京駅ーー!

287_convert_20130507003210.jpg


一番驚いたのは、写生をしている人が遠足か!と思うぐらい沢山いました!

286_convert_20130507003410.jpg

295_convert_20130507003633.jpg


駅の上がステーションホテルになっています。

303_convert_20130507003815.jpg

少し中に入ってみました。

299_convert_20130507004000.jpg


301_convert_20130507004251.jpg

綺麗なところです。

いつか、また泊まろう!

302_convert_20130507004413.jpg


新しくなった東京駅を見て、僕の後ろを歩いている人が言っていました。

「東京に来てよかったわー」って。

僕も、おんなじ気持ちなんです。



約1時間ぐらい滞在したあと、お昼を食べに門前仲町に

「あさり飯」を食べる為に都営地下鉄・大江戸線で移動。

959_convert_20130507005133.jpg


ランチ開始まで少し時間あったので、近くの富岡八幡宮へ。

320_convert_20130507005953.jpg

324_convert_20130507010242.jpg

321_convert_20130507010425.jpg


にぎやかな参道をすすみ神社に入ると、お焚きあげの最中でした。

これが結構な大音量と迫力で、参拝者は炎の周りにアリーナ席のような

階段状のところに座ることができ、よく見渡せるようになっています。

954_convert_20130507005408.jpg

955_convert_20130507012742.jpg


時間になったので、門前茶屋へ。

10人ぐらいが列をつくっていたのですがすぐに入れました。

夜は炉端になっているみたいです。

あさり飯到着!

958_convert_20130507010648.jpg


しみじみと美味しかったです。

量的にも僕にはちょうど良かった。

春限定の桜えび飯というのにも、ひかれたのですが

こちらにしてよかったー

東京のG・Wは人が少ないし、

のんびりしていていいなー

この後浅草に移動。。。

当然、浅草線で移動!とうちゃーく。



ええー!!

なにこれー!!

人が多すぎて歩けやんよー

雷門の前から人が溢れているー

331_convert_20130507013859.jpg


こんなに人がたくさんいるのに、その中を

人力車が走っている-えー!どんなってんのー

341_convert_20130507015237.jpg


とりあえず有名な亀十のどら焼きを買う。林家正蔵さんも子供の頃から

食べているという(ちなみに正蔵さん、別名がJAZZ評論家です)

亀十の感想。

あんこももちろん美味しいのだけど、皮がホットケーキのよう。

ふわふわで、あまり食べたことない柔らかく大きなどら焼きだったので

これは人気があって当たり前かも。

”きんつば”もついでに買ったのですが、伝統的な老舗の味がして

予想以上に美味しかったですねー

ザ・和菓子という感じ。どら焼きはおやつ感覚かな。

339_convert_20130507014445.jpg


雷門の人の並みに突っ込む!

近くが人の頭ばかりで前に見える浅草寺までなかなか進まないなー。

まるで初詣にきたようだ。

とりあえず参拝。そして

おみくじを買う。

吉でした。

354_convert_20130507014636.jpg

350_convert_20130507014855.jpg


近くにスカイツリーが見えたので

十間川まで移動。

ここも絶景スポットみたいで、人力車が集結していました。

363_convert_20130507015018.jpg



あまりに書きたいことが多すぎるので、

少しづつ、更新していきます。

基本、午前中は東京の行きたかったスポット。

午後はJAZZ関連。

夜はライブという計画を立てましたw


(つづく)



人気ブログランキングへ


MOONBEAMSへようこそ!

ukulele727

Author:ukulele727
NO MUSIC 、NO LIFE
趣味の音楽に関係することを綴っていきます。

アクセスカウンター
ランキング参加中
気になる順位をチェック 人気ブログランキングへ
リンク
最新記事
カテゴリ
私も買ってます。。
バックナンバー
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
MY WISH LIST
STARBACKS COFFE
人気ブログランキング
    
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お役立ち情報!
お買い得情報