FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOKYO JAZZ TRIP2013 ③

TOKYO JAZZ TRIP 2013


[5月3日編つづき]


JAZZオリンパスを出てから、お茶の水駅までの坂を歩くのは実に楽しいものです。

色々な楽器屋さんに寄り道をしました。

東京でギターを買うとなれば、ほとんどの人がここに来るんじゃないかなー

379_convert_20130512214352.jpg


学生っぽい人の姿も目立ちました。販売されているギターの値段なのですが、

ピン・キリで、全部の店を周ったわけではないのですが、7~8万円か

100万以上というお店が結構ありました。安価なギターを販売している店が

多かったのですが、値段的にも音的にもバランスがとれる16万から25万前後の

ギターがあまりなかったなーという印象でした。(アコギもエレキも)


さていよいよ、一番行きたかった、diskunion Jazz TOKYOに到着です。

総売り場面積100坪。CD・レコード在庫総数10万枚。

「世界最大のジャズ専門店」といわれている売り場に圧倒されました。

見やすく綺麗でしたねー

JAZZ TOKYO 1


音楽関連のグッズもとても充実していました。

たとえば、犬印鞄製作所のレコードがすっぽり入るトートバッグとかの

鞄類がとても魅力的でしたーw(買いそうになったのですが、冷静に考えてみれば

昔ほどレコードを大量に購入することも無くなっているしーと思いスルー)

JAZZ TOKYO3


JAZZ TOKYOの魅力はなんといっても、今のJAZZの旬をつかんでいることです。

大阪での、中古レコード屋なんかの場合、有名店でも、レコードをまとめ買い

している人はあまりみないのですが、ここはざっく、ざっく!と買っている人が沢山いました。

JAZZレコードのエサ箱を見てみると、例えば、20枚あれば、半分ぐらいが購入したくなるものでした。

だいたい比率でいうと、100枚見て1枚あるかないかぐらいなんですがねー

JAZZ TOKYO2



G・Wということもあって、豊富に仕入れしていたのかなー

中でも日本のJAZZのコーナーが、かなりやばかったです。

CDでしかみたことのないレコードがいっぱい。。。!

こんなの大阪では考えられんなー@@

迷いに迷って今回厳選して3枚購入しました。

奇跡のような出会いの3枚でした。



まずはこれ。
酒井俊 LOVE SONG

SHUN.jpg

これ欲しかったんですよねー

AMAZONでもいつも品切れになっている。

中古でもみたことない。



内容はキャロル・キングやダニー・ハサウェイのナンバーを歌っていて

L.A.録音によるせいか、とてもリラックスした70年代感のある

クロスオーヴァー・サウンドでした。

古くさい言葉でいうなら、1978年夏のカリフォルニアの陽射しが封じ込められたレコード。

中の解説を読むとこのレコードを録音した時は、

毎朝、ジョギングと水泳をしてから、夜にレコーディングをしていたそうなんです。



ビリー・プレストンやジョー・コッカーのヴァージョンで有名な

「ユー・アー・ソー・ビューティフル」、

ダニー・ハサウェイの「フライング・イージー」からジェリー・バトラーの

モータウン盤『スイート・フォー・ザ・シングル・ガール』に入っていた

「ホワット・ア・プレザント・サプライズ」から、

ウォーのナンバー、そしてH.P.ライオットのキーボード奏者/アレンジャーのディ

ウェイン・スイート(ウィスパーズのバックを務めたことでも知られる)が書いた

「ライト・ユア・ネーム」まで、もうこれでもかー!という感じでした。



酒井さんといえば、日本語で歌うJAZZが有名なんですが、この中の

「スマイル・ハッピー」がそのきっかけになるものなんです。


酒井さんの魅力はレコードやCDやライブを聞いてみないとは伝わらないと思うの

ですが、例えば「愛燦々」という曲を酒井さんは歌っています。


完璧な歌唱で残された美空ひばりのオリジナルが“定本”だとするなら、

その対極にあるような個性あふれるものなんですよね。

何がジャズであるか以前に、歌うという行動にジャズというセンスを埋め込んでしまえるすごい人なんです。


以前ブログにもかいたのですが、酒井さんの IT DON'T MEAN A THINGを聞いて

とてもぶっ飛んだんです。今回、東京でのライブを探したのですが、

残念ながらスケジュールが合いませんでした。 


ついでこちら

山本剛 LIFE

yamamoto tsuyoshi
1. グリーン・ドルフィン・ストリート
2. ホエン・アイ・フォール・イン・ラヴ
3. いつか王子様が
4. イフ・ユー・クッド・シー・ミー・ナウ
5. ビリーサム・ブルース
6. これからの人生
7. 降っても晴れても


えーこんなの、見つかってしもうたー!というのが最初の印象。

DISK UNION最高!ちなみにDISK UNIONの通販でも売られていたのですが

僕が買ってから、すぐに売り切れ・注文不可の表示がでました!

いやーたまらんなーwww


これは、山本さんが28歳のときに吹き込んだレコードで1976年発売。

初めてアメリカのJAZZメンと共演したものです。

ベースがサム・ジョーンズ。ドラムがビリー・ヒギンズ。

彼のピアノは、とにかくわかりやすい。文句なしにスイングします。

そしてよく歌う。バラードでは涙腺が緩むんですよねー。


なぜかなー。彼は歌にとても詳しく、歌詞とその意味をとても理解しているらしく

そういうのが、演奏での表現につながるのかなー

ミスティーは何度聞いたかもしれません。

僕はE・ガーナーよりもこの人なんです。オリジナルを超えてます。

日本のJazzピアニストで僕は一番だと思っています。

で、世界でも通用します。

それは、スタンダードの解釈にとても哀愁があり

共演している、外国ミュージシャンもそれに感化されてしまうからなんです。


今回の東京JAZZ TRIPの期間中になんとかライブを見れないもんかと

必死で探しました。

銀座で新しめのJAZZバーが、ほんとに、ひっそりと

告知をしていました。

全席数、わずか12席!!

奇跡的にも、予約が取れました!

そのことは後に書く、[5月4日編]でUPしたいと思います。



3枚目はこちら。

TUBBY HAYES QUARTET MEXICAN GREEN

TUBBY.jpg

1. Blues In Orbit (Tony Levin)
2. Dear Johnny B (Tony Levin)
3. Dedication To Joy (Tony Levin)
4. Mexican Green (Tony Levin)
5. Off The Wagon (Tubby Hayes Quartet)
6. Second City Steamer (Ron Mathewson)
7. Trenton Place (Tony Levin)

タビー・ヘイズのサックスのブローはとにかくよく歌うんです。

よく似たタイプにズート・シムズがいると思うのですが、

タビーはもっとバップ色が強くて、イギリスのJAZZシーンを牽引してきた人なんです。

レコード屋に行きましても、ちょこっとコーナーがあったりするのですが

新譜もわりと高いめ。そんな中で、ずっしりと思いレコードと価格も手頃。

フォンタナ原盤などではなかったのですが、内容はとても満足いくものでした。

聞いていて楽しくJAZZなんですよねー(しいていうならロリンズのようーw)

それでいて、結構先鋭的なフレーズも連発(コルトレーンのようw)

このレコードは部分的にモードやフリーの解釈も入っていますが、

時代的にそういう流れではあったのでしょうね(1967録音です)

解説によると、彼のほぼピークの時の演奏だそうです。



一日中でも居れそうなのですが、次の予定地である、四谷イーグルに向かいます。

ふと、休業しているのではないかと思い、電話をすることにしました。

結果「休み」!!残念だなー ま、G・Wだし仕方ないかなー



そして、次の予定地である赤坂見附の「HOOTERS」に向かいます。

赤坂東急プラザの2階にありました。

エスカレーターをあがって行きます。

ここです。

iriguti.jpg

勇気をだして一人で入店。

ホステスと呼ばれる女の子にまず禁煙か喫煙か聞かれます。

で、案内ww

966_convert_20130512220840.jpg


ひとり客がほかにもいたーちょっとほっとしたなー

メニュー表を渡されます。

メニュー


「フーターズにはよく来るんですかー?」

「初めてなんですよー。大阪から来ました」

「えーわざわざ、ありがとうございますーっ!」



よくフーターズガールは「ため口」なんてことを書かれていたりしますが、

気持ちの良い接客でした。でも

目のやり場に困るんですよねーw

こんな感じなんですー!!

ガール

夕方4時ぐらいに入店したので、予想よりも女の子が少ない感じでした。

さらに、フーターズガールが話かけてきます。

「今の時間帯は、わりとまったりとして、こんな感じなんですが

途中ダンスタイムもあるので、ゆっくりしていってくださーい!」

フィッシュアンドチップスと黒ビールを注文しました。

967_convert_20130512220530.jpg

MUSIC VIDEOのほかに巨人、と阪神とサッカーの中継がテレビで流されていました。

一日目の東京で走るように移動してきて、やっとここでのんびりしています。

けっこう量が多かったのですが、ゆっくりと食べて美味しかったですねー


そうこうするうちに音楽が大音量に変わります。

なんだかこちらから、見えない喫煙席で踊ってるぞー!

見たいのだけど、立って見に行くのも、やらしいしなー。。。

すると、また違う音楽が大音量で流れだしました。

店内の女の子全員が僕のいる禁煙エリアのほうに移動です。

ダンスタイム

ダンスをしながら、女の子たちが”フーっ!!」と掛け声をあげお客さんを煽ってきます。

グループできた人たちは、ノリノリで顔にフーターズペイントやらもしてもらって、

明るい店内で踊っているお客さんもいました。

僕の近くにもフーターズガールがきて煽ってくるのですが、

困る、困る。。。僕は小さい声で「フぅ-っ!」


ダンスがおわりました。あー汗かくなー。

女の子が近づいてきました。

「ハイ タッチー!!」

えー! 

意表をつかれて、立ち上がってしまい。

ハイタッチしてしまいました(*^。^*)

ga-ru.jpg

約1時間ぐらいの滞在だったのですが、アメリカンな雰囲気と

お色気とヴォリューミーな料理が味わえる割には結構お手頃なんではないかなー

黒ビールと料理で2000円ちょっとでした。

965_convert_20130512221137.jpg
 


途中トイレにもいきましたが、こんな感じだったです。

968_convert_20130512222105.jpg


だんだんと日が暮れ始めました。

このあと日比谷に向かいます。

一日が長いー

あーーっ! 東京って楽しいな!



人気ブログランキングへ




コメントの投稿

非公開コメント

MOONBEAMSへようこそ!

ukulele727

Author:ukulele727
NO MUSIC 、NO LIFE
趣味の音楽に関係することを綴っていきます。

アクセスカウンター
ランキング参加中
気になる順位をチェック 人気ブログランキングへ
リンク
最新記事
カテゴリ
私も買ってます。。
バックナンバー
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
MY WISH LIST
STARBACKS COFFE
人気ブログランキング
    
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お役立ち情報!
お買い得情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。