FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴懸の径(すずかけのみち) 鈴木章治とリズム・エース

JAZZのクラリネット奏者といえば、

まず浮かぶのはベニー・グッドマンですね。

多くの有名なスタンダードがありますが、

何れにせよモダンジャズのファンには敬遠されがちな楽器です。

スイングジャズというカテゴリーではメインの楽器であり、

ある年代以上の人にとっては、懐古的でロマンチックな音楽で

あるかもしれません。



JAZZストリートなんかにいくと、クラリネット2重奏がよくあるのですが、

それを楽しそうにみている、老夫婦なんかを見かけると、

こちらまで幸せな気分になります。

その年代で、JAZZのストリートに夫婦揃って出かけることができるというのは、

健康であるのはもちろんのこと、趣味が一緒であるというのは

幸せだなあと思いますね。




1957年にベニーグッドマン楽団が来日した時、

リードアルト奏者であったピーナツ・ハッコーは

当時の日本の人気JAZZバンド、鈴木章治とリズムエースと

”鈴懸の径”をクラリネット2重奏で演奏しました。

もともと,ラジオで流す為だけに、吹き込んだらしいのですが、

その演奏に人気が出て、レコード化されたといわれています。

おそらく、当時、クラリネット2管のJAZZは斬新で、

哀調があったんではないかなと思うのですが。。

また”鈴懸の径”という曲は、日本の歌謡曲であり、

それをJAZZにアレンジする

という鈴木氏の先見もあったのでしょうね。


以下はWIKIからの引用。

鈴懸の径(すずかけのみち)は佐伯孝夫の作詞、灰田有紀彦(灰田晴彦)が作曲して、有紀彦の弟である灰田勝彦が歌唱して1942年(昭和17年)9月にビクターレコードから発売された。戦時中にも関わらず、戦時色が感じられない数少ない曲である(勝彦はこの年、同様に戦時色に染められない「新雪」を世に送り出して大ヒットを飛ばし、現在も歌い継がれて通信カラオケの収録曲となっている)。

当時3拍子の流行歌は大変珍しく、他には「水色のワルツ」(作曲:高木東六)などわずかである。3拍子の本作を鈴木章治が4拍子としジャズ・アレンジを加えて1954年頃に鈴木章治が率いるジャズバンド:リズムエースの演奏で吹き込んでヒットし、更に1957年1月には、ベニー・グッドマン楽団の主席アルト・サックス奏者ピーナッツ・ハッコーがクラリネット奏者として鈴木章治とリズム・エースに参加し、TBSホール(当時)で録音・放送したことでリクエストが殺到し、そのTBSホールでの録音テイク盤が繰り返しレコード化された(Victor CP-1022等)。また、ピーナッツ・ハッコーも「プラタナス・ロード:Platanus Road」として米欧巡演で演奏、吹き込みを行って日本にも輸入されて、さらに有名になった。
灰田勝彦の母校でもある立教大学のキャンパス内にはモデルになった鈴懸の径が存在し、記念の歌碑がある。


suzukakenomichi.jpg


レコードジャケットの写真は、立教大学キャンパス内の鈴懸の径です。

秋になるとディスレイしたくなる雰囲気です。

このレコードの演奏は、再演であって、ハッコーのパートは鈴木さんの

弟の正男さんが演奏しています。


鈴懸というのは、プラタナスのことであり、

プラタナスといえば、シューベルツの”風”をイメージしてしまいます。

また北海道大学をイメージしますね。

僕は、東京のキャンパスには縁は無かったのですが、

当時は選択肢のひとつとしてありました。

都会への憧れと、音楽市場の広さ、

ライブであったり、レコードであったり、人であったり、

より多くのものを見たり聞いたりできる期待で

心を歓喜させたものです。



結果的には、京都という街の吸引力のほうが強烈でした。

色に例えると、モノトーンにカラーを2色ぐらい入れた街。

東京は、極彩色で白黒が塗り潰されそうなイメージでした。

もし東京に行っていれば,色々なものを

踏んだり、またいだりしていたのかな、と思います。




珍しい映像がYOUTUBEにありました。

もしかしたら、ピーナツ・ハッコーとザ・ピーナッツを掛け合わせてる?



曲調はある年代以下の方になると、ちよっと抵抗があるかもしれません。

普段モダンジャズを志向していると、どうしても古くさく聞こえますが、

当時ラジオから聞こえてくる”鈴懸の径”はヴォリュームも小さめで

甘美で魅惑的な演奏だったんでしょうね。




人気ブログランキングへ




スモーギー・トーキョー・ナイト







コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヴォリューム小さめ・・・
外の天気がどうであろうと(今朝から暴風雨なんですかw)その空間だけは静かに流れてる感じがします。

ザ・ピーナッツ。
歌声・・・とても好きです。

まじゅさん。

> ヴォリューム小さめ・・・
> 外の天気がどうであろうと(今朝から暴風雨なんですかw)その空間だけは静かに流れてる感じがします。

ウディ・アレンのラジオデイズという映画が昔あったのですが、セリフの後ろで、ず-ぅっと静かなJAZZが流れている映画でした。ブログを書いているときに、イメージしました。
機会あれば一度見てくださいねーw


> ザ・ピーナッツ。
> 歌声・・・とても好きです。
 この時代はほんとによい歌が多いです。ザ・歌謡曲と言う感じがたまりませんねw
MOONBEAMSへようこそ!

ukulele727

Author:ukulele727
NO MUSIC 、NO LIFE
趣味の音楽に関係することを綴っていきます。

アクセスカウンター
ランキング参加中
気になる順位をチェック 人気ブログランキングへ
リンク
最新記事
カテゴリ
私も買ってます。。
バックナンバー
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
MY WISH LIST
STARBACKS COFFE
人気ブログランキング
    
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お役立ち情報!
お買い得情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。