FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Way We Were (追憶)

The Way We Were -追憶-


CP2.jpg




どんなすごい音を響かせてくれるのかな。。。

期待を胸にコーナーポケット(西宮) のJAZZ喫茶の扉を

躊躇しながら押しあけました。

店内にはお客さんはだれもなく、

幾つかのテーブルには、

飲み残しのグラスが置かれたままでした。

「あれっ?

ここって今日は5時からではなかったのかなー」

時計を見ると5時10分。

開店直後でした。

昨夜のグラスが残っているのかなー

とも考えましたが、

早い時間に先客があったのかもしれません。


どこに座ろうかと迷いましたが、

決めたところは、JBLパラゴンのスピーカーの真正面でした。

paragon.jpg



ほどなく、スピーカーから

ART PEPPER の 「MODERN ART」のA面が流れます。

♪~♪~♬

初めて聴くパラゴンの音は

しなやかな鳴りでした。

予想していたのは、

「リアルな音」

ブンブンしたウッドベースや、

耳に響くピアノ。

空気を裂くようなシンバル。


お昼にSONEの生ライブを見た後でしたので、

それ以上に、期待値が高かったのかもしれません。

少し物足りない感じがしました。



次に 流れたのは、

KENNY DREWの「DARK BEAUTY」でした。

家で聴くのとは、違った印象でした。

「そうかーっ

あのレコードはこんなに響くのかー」

ベース音のメロディがはっきり聞こえて

メロディックだというのが分かりました。


次に、Horace Silverの「 Song for My Father」が

流れます。

Carmell Jonesのトランペットと

Joe Hendersonの サックス、おなじみのユニゾンです。


ここにきて気付いたことは

3枚4枚聴くうちに、

パラゴンは張りのあるリアルな音に

変貌していたことです。

ウォーミングアップが必要だったんですよね。



パラゴンの外形は

まるで日本の宮大工の木工職人の

手作り家具のようでした。
(制作に最後まで携わったのがMr. FRED KATOという日系の方です)

長方形のモニター系スピーカーよりも

楽器型のスピーカーは鳴らしにくい、

とよく言われます。

ホーンの構造などから例えていえば

まるで恐竜のようなパラゴンが

とてもバランスよく鳴っています。

猛獣が飼いならされたような感じとでも

いうのでしょうか。



コーナーポケットのパラゴンの土台は

3段に積み重ねられたコンクリートブロックと

5センチぐらいの厚みのある木板でした。

ただ単純に積み重ねているのではなく、

おそらく、

これがベストの状態であろうと思われる

試行錯誤のあとがわかるセッティングでした。


そのうち、お客さんが、一人と

カップルが2組。

10人も入れば、相席になるのでは

ないかというコーナーポケット。

壁には多数のミュージシャンのサイン。

今は有名な方の、サインもちらほら、

サインの日付が70年代のものもあったりします。


CP1.jpg




レコードが、マーシャル・ロイヤル(Marshall Royal)に変わる。

この人は長らくカウント・ベイシー・オーケストラの

リードアルトを務めていた人で、確かリーダーアルバムが一枚しか

ないのではないかと思うのですが、

そんな貴重なレコードを聞けました。


コーナーポケットといえば、

カウント・ベイシーなのですが、

ベイシーのレコードを鳴らすために

強いて言えば、マーシャルのアルトを

パラゴンで鳴らすために

亡くなったマスターが、スピーカーを

永年チューニングしてきたのでは

ないかなという音でした。


山本剛TRIOの

GIRLS TALKにレコードが変わります。

一曲目がこちらでした。

Tsuyoshi Yamamoto Trio 1975
The Way We Were(追憶)




YOU TUBEで聴いてもらえるのは

メロデイーだけになりますが、

この、「追憶」がパラゴンから聞こえた時は、

体が固まってしまいました。

ピアノの高音が厚く、

鍵盤がひとつづつ、順番に弾け飛んでいるような音。

発展途上であったパラゴンを

マスターが、出来うる限りの力を尽くした

結果の音なんでしょうね。

今は、奥さんが鳴らしていますが、

確かに継がれている気がします。

「きちんと、残してやったぞ」と

そんな声が聞こえてきます。

何もせずとも、しばらくスピーカーを鳴らしておけば

安心できる響き方をします。

「心が砕ける。」

というのは今日みたいな事なのでしょう。

いい意味でいえば。



真四角の一人用のテーブル上の

ガラス板に挟まれた

色褪せたライブ写真。

角が剝げかけた木製のイス。

詰め込まれたレコード棚や、

埃っぽい照明を

見ているとノスタルジックになり

ずーと昔から

この店にきているような気になり

過ぎた時間に想いをはせました。



こんな狭い空間で

川本睦子さんのライブが行われるということで

予約をしてしまいました。

楽しみ~~!!




人気ブログランキングへ





 5月のバラ



コメントの投稿

非公開コメント

MOONBEAMSへようこそ!

ukulele727

Author:ukulele727
NO MUSIC 、NO LIFE
趣味の音楽に関係することを綴っていきます。

アクセスカウンター
ランキング参加中
気になる順位をチェック 人気ブログランキングへ
リンク
最新記事
カテゴリ
私も買ってます。。
バックナンバー
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
MY WISH LIST
STARBACKS COFFE
人気ブログランキング
    
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お役立ち情報!
お買い得情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。