スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢野沙織

矢野沙織 Answer




去年の秋ぐらいだったか、このアルバムのジャケット見たときに、

うわっ!これは反則やないかぁー!

と思ったものです。

若い女性JAZZミュージシャンでSAX吹きとなると、

JAZZヴォーカルとはまた違った色気があるのですよねーw

彼女の人気の秘密は、可愛いルックスでいながら、

チャーリー・パーカーを得意とするところ。

実際、デビューアルバムの

コンファメーションを聞いたときは衝撃的でした。

パーカーより速いフレーズを吹きながら、

音の粒がはっきりと聞こえる。。

ビバップのフレーズを楽々吹いているのは、びっくりした。

この時点で高校生だったんだからなー。。。

8589d43d.jpg
メイクもレトロ!!



たまに行くJAZZのライブなんかで、

他のミュージシャンが

パーカーを吹いているのを聞いたりすることあるんですが、

やっぱりコピーの域をでていない感じなんですよねー

JAZZほど、アドリブ性や個性を出しやすい音楽ジャンルはないと思うのですが

パーカーの呪縛からは逃れられません。演奏する人も、聞く人も。



C・パーカーを聞いておけば、本物のJAZZファンみたいな風潮が昔はあって

決してメロディアスでわかりやすい感じではないはずなのに、

それを我慢して聞く?うちに挫折したという話は往々にしてあるんですよね。

JAZZの関門みたいな感じwこれがわからなければ聞くな!みたいなww



そんな僕も、ダイアルセッションのレコードはJAZZ聞き始めて

すぐに買いにいき当時は、なにがすごいのか解らなかったんですが…



森田童子の“ぼくたちの失敗”の中で、

「僕がひとりになった部屋に、君の好きなチャーリーパーカー見つけたよ」

という歌詞があり、これがあのパーカーだったんだと後で思ったものです。



森田童子さんが歌を歌いだしたきっかけは、

自分の友人が亡くなったことだそうで、

歌詞の中には、歌詞上の主人公を見守る親友がよく描かれています。

この歌にも、主人公とその親友が描かれています。


この歌がリリースされたのは、1976年。

60年代後半の全共闘など、日本は高度成長時代の歪みを抱え、

不安定な時代になっていた頃でした。

全共闘の時代を学生として過ごした人達も、

結局は社会に取り込まれ、

せかせかと働き個を消されていく。。。

モラトリアムや、大人社会に埋もれる無力感が

若者の間に蔓延した時代でした。


”ぼくたちの失敗”は、サラリーマンとしての生き方になじめず、

ジャズ喫茶などに入り浸っていた若者たちが、

いつしか住む世界を変え、社会の荒波の中で自分を見失ったとき、

ふと過去の出来事を思い出す姿を描いていると言われています。

暗くてストーブの赤い灯が印象的な歌ですよね。

ジャケットの印象が大きいかな?




話が逸れましたが、

昔の時代の懐かしい癖のある酸っぱいビバップを、若い女の子が吹く。

それもまるで、その時代を生きてきたかのような表現力で。

「一生懸命練習して、パーカーが吹けるようになりました!」

という感じではなくて、他のものを犠牲にして

どれだけJAZZに身を傾けたか、これだけ好きなんだよと、音で伝える。

ひとことで言えば、JAZZのノリ(アフタービート)は

その人の音楽性や、種々なバックグラウンドが凝縮されているものですから、

聞く人に、訴えるものです。



ビバップやパーカーが解らなくても、(馴染めなくても)

矢野沙織のJAZZをきっかけに、パーカーを理解していく方法も

あるのではないかと思います。

オリジナルは、こんな感じなんだーってね。







以下WIKIより抜粋
小学4年の時ブラスバンド部でたまたまサクソフォンの担当となってこの楽器を始めた。
小学6年の時にジャコ・パストリアスのアルバム『ジャコ・パストリアスの肖像』収録曲
「Donna Lee」に感銘を受けてジャズに目覚め、この曲を作ったチャーリー・パーカーに興味を持ち、
それがビバップに影響を受けた演奏スタイルにつながっていく。

14歳からライブ活動を始める。池田篤からアルトサクソフォーンを学んだ
。中学卒業後アメリカに渡り、やがてニューヨークのレストランなどで演奏するようになる。
2003年9月25日にアルバム『YANOSAORI』でデビュー。

2005年には、マイルス・デイヴィスとの活動で知られるドラマー、ジミー・コブと共演ライブを行い、
ジミーから「日本のキャノンボール・アダレイ」と絶賛される。

5th アルバム「Groovin’ High」では、
2 度のグラミー・ウイナーに輝いたアレンジの神様スライド・ハンプトンや、
ジミー・ヒース・ランディ・ブレッカー・ジェームズ・ムーディーなど
巨匠ディジー・ガレスピーのオールスターズと共演を果たす。
以降、ムーディー氏との親交は厚く、カリフォルニアの自宅に招かれての
2週間にわたる個人レッスンを受けている。

テレビ朝日系「報道ステーション」の
オープニングテーマソング(松永貴志&矢野沙織「Open Mind」)を演奏している。
また、2007年には花王ASIENCEのCM曲「I & I」を作曲・演奏し、自身もCMに出演した。

20 歳にして初のベストアルバムは、
第22 回日本ゴールドディスク大賞 ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。
ジャズの枠を超えて広く注目を集めた。





裏ジャケは、こんな感じです。

57988a5c.jpg





ね。すごく、ずるいでしょー

でも聞いてて楽しいJAZZ。

自分も吹いてみようかと思ってしまう。

そういうふうに、思わせたら、勝ち。

こういうふうに

聞く人の胸を

撞くような音を出してみたいな。

いつか。




人気ブログランキングへ




友達より大事な人





スポンサーサイト
MOONBEAMSへようこそ!

ukulele727

Author:ukulele727
NO MUSIC 、NO LIFE
趣味の音楽に関係することを綴っていきます。

アクセスカウンター
ランキング参加中
気になる順位をチェック 人気ブログランキングへ
リンク
最新記事
カテゴリ
私も買ってます。。
バックナンバー
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
MY WISH LIST
STARBACKS COFFE
人気ブログランキング
    
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お役立ち情報!
お買い得情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。