FC2ブログ

I  LEFT MY HEART IN SAN FRANCISCO 

最近話題になっているのが、久しぶりのトニー・ベネットのアルバム。

この中で、なんと、レディ・ガガと共演しています。

トニー・ベネットとあのガガ?

と思ったくらい、ほんとに異色のコラボなんです。

でも、この中のガガは素晴らしい。

ガガなりのJAZZを歌う時のヴィジュアル

(ファッションや小物)なども考えていて

実に見ていて心温まります。

トニー・ベネットもすごく楽しそうw

Tony Bennett & Lady Gaga - The Lady Is A Tramp



このアルバムであとすごいのはこれ、

Tony Bennett & Amy Winehouse - Body And Soul



エイミー・ワインハウスはJAZZの人には少しなじみが少ないですが

どちらかといえば、歌唱はR&Bのパーセンテージが大きい人。

それにJAZZをMIXさせた感じ。

ライブでは初期ソウルミュージックを思わせる生演奏のバンドを従えて、

ハスキーな歌唱と私生活が、ビリー・ホリデイにも例えられました。

2011年7月に夭折しています。



この、ブログで男性ヴォーカルを取り上げる機会は少ないのですが、

学生時代からせっせと集めた、

JAZZのレコードコレクション棚には

男性ヴォーカルだけをみると約50枚あります。

シナトラはもとより、ナット・キング・コール、マット・デニス、

アンディ・ウィリアムスや、ジミー・ラッシング等々

クリスアルバムの企画ものもあります。

その中で、トニー・ベネットは2枚所有していました。

クリスマスアルバムとあの”サンフランシスコ”です。

このレコードはジャケ買いしたくなりますよね。

橋の上の部分が霧で曇っています。

Tony Benett

I Left My Heart in San Francisco

一曲目の I  LEFT MY HEART IN SAN FRANCISCO 

(邦題:霧のサンフランシスコ)の朗々とした歌い方と、

豊かな声量を聞いて、アメリカへの憧れを抱いたものです。

実際、サンフランシスコには行ったことはないのですが、

数年前に、仕事の研修でアメリカに行く機会を得た時、

シアトルでの夕食の場所が、ホテルでのディナーではなく

港町の入江のレストランでした。

照明の暗い感じと、セッティングのゆるやかさ。

BGMがなくて、船の汽笛や、他のお客さんの静かな談笑が少し。

その時、たまたま、だったのかもしれないのですが、

グラスやカラトリーを揃え終わるのが、

おそらく、日本ではクレームになりそうな、遅さでした。

それでも、周りの様相に溶け込んで

違和感は感じませんでした。

料理や雰囲気を含め、

これがアメリカなのかなーと思ったものです。

きびきび動くのも見ていて、気持ちいいのですが、

ゆったりと流れる時間というのは

非日常で癒されますよね。

そのシアトルでの時間と

トニー・ベネットの歌のイメージが重なります。



トニー・ベネットは子供のころから

歌手への憧れは全然なかったそうなんです。

むしろ、専門に勉強していたのは商業美術(インダストリアル・デザイン)

油絵やスケッチがもともと大好きだったせいもあり

ハイスクールも美術の専門学校でした。

いまでも、ステージの控室でも絵筆をとるそうなんです。



最後に、話題のデュエットアルバムはこれ

ビリー・ジョエルもプロデュースで一枚噛んでいます。

DUET 2

デュエッツII(初回生産限定盤)(DVD付)

トニー・ベネットはあのフランク・シナトラをして

「金を払ってでも聴きたいのは彼の歌だけだ」と

言わしめた逸話を持ちます。


気になる順位はこちら

人気ブログランキングへ




あんまりあなたが好きなので


スポンサーサイト



MOONBEAMSへようこそ!

ukulele727

Author:ukulele727
NO MUSIC 、NO LIFE
趣味の音楽に関係することを綴っていきます。

アクセスカウンター
ランキング参加中
気になる順位をチェック 人気ブログランキングへ
リンク
最新記事
カテゴリ
私も買ってます。。
バックナンバー
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
MY WISH LIST
STARBACKS COFFE
人気ブログランキング
    
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お役立ち情報!
お買い得情報