スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Red Garland Trio 1956

テンポの良い軽快なガーランドのピアノ。

こういうの聴くと、JAZZって良いなあと思うのです。

一時、ガーランドのピアノはどれを聴いても同じで、

”金太郎飴みたいな音”と揶揄された時もありましたが、

聴いているうちに、なんとなく癖になる。

というか、毎日聴いても飽きないんですよね。

Red Garland Trio 1956



1) What Is This Thing Called Love? (Cole Porter)
2) Makin' Whoopee (Walter Donaldson / Gus Kahn)

Personnel: Red Garland (piano), Paul Chambers (bass), Art Taylor (drums)

from the album 'A GARLAND OF RED'

ところでこのジャケット。

どういうわけか、枯葉を描いていると勝手に思い込んでいました。(数年前まで。。。)

(ピンクや黒でペイントされた部分です。。。)

A GARLAND OF RED
Garland of Red


そういうことで、私にとっては、秋のイメージのアルバムなんです。

JAZZのレコードはジャケットや収録曲によって、

秋や冬など季節のイメージで頭の中で区分けしてしまいます。

同じガーランドでもこのレコードは春のイメージなんですよね。


prelude.jpg
At the Prelude



おそらくPreludeというのが春雨を連想させるからなんです。

ブルーでシンプルなシングルトーンは彼の個性美ですね。


人気ブログランキングへ

気になる順位をチェック


ねぇ



スポンサーサイト
MOONBEAMSへようこそ!

ukulele727

Author:ukulele727
NO MUSIC 、NO LIFE
趣味の音楽に関係することを綴っていきます。

アクセスカウンター
ランキング参加中
気になる順位をチェック 人気ブログランキングへ
リンク
最新記事
カテゴリ
私も買ってます。。
バックナンバー
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
MY WISH LIST
STARBACKS COFFE
人気ブログランキング
    
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お役立ち情報!
お買い得情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。