FC2ブログ

LIVE AT MONTREUX (1976)  スタッフ

Stuff! LIVE AT MONTREUX 1976 " FOOTS"





70年代のフュージョンをリアルタイムで経験した人にとっては、

懐かしくもあり、涙が出そうになりそうな, ”動くStuff” です。

彼らは1976年のモントルー・ジャズ祭に出演して大絶賛されました。

これがその時の映像です。凄すぎませんか???

(伝説的なライブなんですが、今まで、ブートしかなかったんです)

とにかくメンバーの顔ぶれがすごいんです。

リチャード・ティーのキーボード、ゴードン・エドワーズのベース、エリック・ゲイルとコーネル・デュプリーの

ツイン・ギター、スティーヴ・ガッドとクリス・パーカーのツイン・ドラムス

6人編成といっても、上記のようにホーン楽器はまったく入っていません。

要するにリズム・セクションだけなんですが、彼らが生み出すグルーヴ感がとにかく最高で、

思わず体が揺れてきます。

ティーのフェンダー・ローズ、ガッドのタイトなリズム、ゲイルの泣きのギター、

コーネルデュプリ―のアタックの効いた音がとても心地良いんです。

適度にファンキーで、ゆっくりしたリズムをキープしていくのは意外に、難しいのですよね。

スタッフは水も漏らさぬタイトなリズムと形容されます。

もともと全員が、スタジオ系ミュージシャンだったので、それも納得できますよね。

ニューヨークのクラブに出入りしているうちに自然発生的にできたBANDです。

同年発表したこのデビュー作も大いに話題となりましたよね。

小林克也の  BEST HIT U・S・AのOPENINGでレコードジャケットが一瞬写るのをよく覚えています。

STUFF!.jpg

1976年といえば、ハービーハンコックのVSOPが印象的ですよね。(田園コロシアムのライブなど)

フュージョンが猛威をふるっていた時代の最強のアコースティック・ジャズ。

VSOPというのは、“Very Special One-time Performanceという意味です。

一度きりのスーパーバンドという感じでしょうか。。。

(でも、そのあと何度か再結成されましたが。。。。。)

当時、マイルス・デイヴィスが引退状態にあった時代でもありました。

VSOPはマイルスクインテットでもあり、当初はマイルスも参加する予定だったそうです。


ちなみに1976年のヒット曲といえばこんなのもあります。

BEST HIT USA

50 Ways To Leave Your Lover( Paul Simon )

Disco Lady (Johnnie Taylor)

Kiss And Say Goodbye( Manhattans )

Lowdown (Boz Scaggs )

Tonight's The Night (Rod Stewart )


それでは SEE YOU NEXT DAY!   (←クリックしてみてね)


人気ブログランキングへ
気になる順位をチェック



スタッフ!!

中古車買取実績No.1ガリバー

大黒屋のブランド品買取

資金0円から始められます
スポンサーサイト



MOONBEAMSへようこそ!

ukulele727

Author:ukulele727
NO MUSIC 、NO LIFE
趣味の音楽に関係することを綴っていきます。

アクセスカウンター
ランキング参加中
気になる順位をチェック 人気ブログランキングへ
リンク
最新記事
カテゴリ
私も買ってます。。
バックナンバー
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
MY WISH LIST
STARBACKS COFFE
人気ブログランキング
    
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お役立ち情報!
お買い得情報