FC2ブログ

IN PARIS

     BUD POWELL のIN PARIS です。


所有しているにはディスカバリーレコードの再発盤なのですが、音のバランスがよくすごく聞きやすい。。

なんといってもIN PARISでは DEAR OLD STOCKHOLM が人気で(STAN GETZ作)何度でも聞きたくなりますね。シンバルも良く聞こえるし、ピアノの音もきらきらしています。


プロデューサーはDUKE ELLINGTONになっているので、なるほどエリントン風に聞こえます。

パウエルのこのレコードはJAZZ喫茶ではほとんどかからないでしょうが、ジャケット含め、お気に入りレコードの一つです。

パウェルは天才肌と呼ばれレコードによる好不調がとても激しく、神がかり的な早弾きレコードがとても有名なのですが、IN PARISのような旋律重視のアルバムは聞けば聞くほど、切なくなりますね。
空気感とでもいうのでしょか、PIANOを弾いている姿が目に浮かびます。
決してお洒落なJAZZ BARとかではないでしょうが、パウエルにとっては居心地のよい空間で弾いている感じがするのです。

今はGOOGLEで簡単にパリの街並みが見られたりしますね。
街が音楽を作っているのではないかというぐらい、ヨーロッパのJAZZはNYと違いますね。暑苦しくはなく、密度も濃くなく、洗練された感じがして、かつ切ない。

僕はJAZZを聞くときは、たとえばピアノであれば、どういう背景で録音されたのかな、なんていうことをよく考えます。

IN PARISのパウエルの背景。
体調不良から抜け出しての短い幸せ。目を瞑りながら弾いているのではないでしょうか。

ブログを書くにあたり、棚に入ったまま、何年も聞かなかったレコードを引っ張り出して聞いています。

色々な記憶の集積が、まるで解凍されたかのように、

目を瞑るとその時々の気持ちがよみがえります。


人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



MOONBEAMSへようこそ!

ukulele727

Author:ukulele727
NO MUSIC 、NO LIFE
趣味の音楽に関係することを綴っていきます。

アクセスカウンター
ランキング参加中
気になる順位をチェック 人気ブログランキングへ
リンク
最新記事
カテゴリ
私も買ってます。。
バックナンバー
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
MY WISH LIST
STARBACKS COFFE
人気ブログランキング
    
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お役立ち情報!
お買い得情報