スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 ・京都

京都で開かれている ワシントン・ナショナル・ギャラリー展に

行ってきました。

ゴッホの自画像が初来日で展示会の目玉だったのですが、

印象派を見るのも目的で

その中でも、特に気に入ったのが、2点。

le pont neuf paris 1872

Le-Pont-Neuf-Paris-1872-2.jpg


この絵を描く時、ルノワールは、

ポン・ヌフ近くにあるカフェ上階の部屋を借りて、制作したそうです。

ルノワールの弟エドモンの回想によると、兄が素早くスケッチできるように、

橋を渡る人に声をかけて少しの間立ち止まらせたそうです。

印象派のルノアールらしい、ブルーを基調にした風景画。

パリには行ったことはないのですが、

この絵のように、明るい日差しでも、曇っている感じなんでしょうね。

建物のせいもあるかな。

向こう岸には、アンリ4世の騎馬像と

シテ島の街並みが広がっています。

この絵を見た時、とっさに思い出したのがこの映画。




美しいポンヌフ橋で繰り広げられる花火のシーンや、

地下鉄のポスターに火を放つ姿が圧巻。

製作中に費用捻出の問題から撮影中断にも追い込まれ、

撮影後もパリの街の巨大なセットを

解体する費用が出せずそのままの形で残っているそうです。

インパクトのある映画でしたね。


フィンセント・ファン・ゴッホ 《薔薇》
1890年 油彩・カンヴァス

15.jpg


精神を病み、自らサン=レミの精神療養院に入院した

フィンセント・ファン・ゴッホでしたが、

退院前の数週間は状態が安定し、制作意欲も旺盛で、多くの作品を描きました。

本作はこの時期2点描かれた薔薇の絵の1点。

《ひまわり》が南フランスの太陽やユートピアを象徴していたといわれるように、

ファン・ゴッホはしばしばモチーフとなる花に深遠な意味を込めましたが、

ここでは花瓶からあふれんばかりの薔薇を生き生きと描くことで、

春の訪れや健康を回復したことへの喜びが率直に表現されています。

残念ながら今日では全体に退色していて、

ファン・ゴッホが意図した赤と緑の対比的な効果は薄れていますが、

その分、彼の特徴であるエネルギッシュな筆遣いが際立つ作品です。

カンヴァスになんども厚塗りされていて、立体的な印象でした。

こういう絵の前では、感動して無言になってしまいます。

なんというか、よい音楽を聞いた感じ。

良い絵を見たときも、気持ちが高揚し、

心地よい脱力感があります。


ワシントン・ナショナル・ギャラリー展京都は11月27日まで。

おすすめですよ。


JAZZでパリとくれば、お気に入りのレコードがこれ

ジャケットもスケッチでいい感じでしょう?

bud powell in paris



パウエル晩年の演奏なのですが、

ゴッホとパウエル、なぜか、イメージがダブるのですよね。

演奏はこんな感じです。



あとDexter Gordon のOur man in parisというアルバム。

pianoがパウエルなんですね。

それにしてもデクスター・ゴードンのサックスは

家のステレオでもよく鳴りますw





気になる順位はこちら

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

FOR ALL WE KNOW


秋色のフェルメール


京都市美術館で開催されているフェルメールからのラブレター展に行ってきました。(10/16まで)


手紙にテーマをあてた展示会で、フェルメールが3品、

いろんなオランダ画家の展示を見た後に展示されています。

色々な学術資料の展示や、やや重いオランダ絵画を見た後

フェルメールの部屋に入るのですが

やっぱりそこだけ空気感が違うのですね。

”ふわー”となります。

光と影を描くオーラみたいなものを感じました。

手紙を書く女


当時のオランダは先進国であったため、郵便制度が発達し

手紙は男女間の間では重要な役割をしていたそうなんです。

ちょうど、一昔前の日本でもそうでしたよね。

印象派とは違い、どうしても華やかさには欠けるのですが

”フェルメールブルー”の元となる、「ウルトラマリン」という顔料を

使った青さは必見ですね。

BLUE.jpg

一口に青色といっても“青さ” は様々で、

フェルメールがラピスラズリを使った青色の絵の具で色々な変化をつけて描いています。

青い衣服だけではなく、椅子の影や後ろの壁の中にも青を使っているそうなんです。


フェルメールは、30数点とも言われる現存作品が少ないことでも有名です。


こちらにフェルメールの全作品についての解説が載っています。↓
フェルメール作品の解説



※解説は少し長いので、こちらをクリックして曲を聴きながらでも
読んでみてください!



印象派は夏のイメージがあり、

フェルメールは秋色ですね。

ラブレターなんていう響きは、今は古典的ではありますが。

メールと違い、消去するには、手紙を捨てるか焼くしか

方法がなかったのですが

こんなロマンチックな曲もありましたよね。

Pat Boone - Love Letters In The Sand



この曲はスタンダードなんですが、よくオールディーズのオムニバスに

入ったりしています。

私も最初に聞いたのは、オールディーズのカセットです。
(学生の頃、TVショッピングで買いました)

それから大好きになってカラオケでも英語の歌詞まま

歌ったりしていました。

作曲したJ・Fled Cootsは(J・フレッドクーツ)は

”サンタが街にやってくる”なんかを作曲しました。

あとJAZZでよく歌われる” FOR ALL WE KNOW”という曲も

作曲していますね。

この曲、結構いろんな人が演奏しています。

ざっとあげてみるとこんな人たち。
(※カーペンターズで有名な FOR ALL WE KNOW(二人の誓い)は同名別曲です。)

Chet Baker チェットベイカー
Dave Brubeck デイブブルーベック
Benny Carter ベニーカーター
June Christy - The Misty Miss Christy , (1956) ジューンクリスティ - ミスティミスクリスティ 、(1956)
Al Cohn アルコーン
Freddy Cole フレディコール
Doris Day ドリスデイ
The Four Freshmen フォーフレッシュメン
Aretha Franklin アレサ・フランクリン

Donny Hathaway ダニーハサウェイ
Billie Holliday - Lady in Satin , (1958) ビリーホリデイ - サテンドレスの女 、(1958)
Keith Jarrett キースジャレット
Dianne Reeves ダイアンリーヴス
Nina Simone (a 1959 version and a 1961 version) ニーナシモン (1959年バージョンと1961バージョン)
Sonny Stitt ソニースティット
Joe Sample and Lalah Hathaway ジョーサンプルとLalahハサウェイ
David Sanborn ( Pearls 1995) デビッドサンボーン ( パール 1995)

でもCHETのバージョンが素敵かな。

Chet Baker - For All We Know


CHETはね、大好きなJAZZミュージシャンの一人ではあるのだけれど

最初のきっかけは

JAZZ批評という本に「私の好きなJAZZレコード」が紹介されていまして

その中で歌手のEPOさんが、CHETのSings

「北海道の雪景色にすごく会う」と恋愛を絡めて書いておられたので

それがきっかけで購入しました。

当時私の周りにはJAZZを聴いている人がいなく

何人もの人に、このレコードがお勧め!と

カセットをダビングして渡したのを覚えています。

また、大阪の心斎橋にキリンビールが飲める、

KIRINビル(しゃれか?)というのがあり(今はH&Mビルに建て直されました)

そこで、CHETのモノクロ映画をビールを飲んで見た想い出があります。

最初はヴォーカル(声)にものすごく惹かれたのですが

すぐ、切れ切れしいトランペットにくぎ付けとなりました。


CHET BAKER IN PARIS 1&2が入った

”BACK TOBACKというのが最初に買ったCDです。

これは夏休みの間中ずっーと聴いていた記憶があります。

CHETの晩年は少し痛いものがあるのですが、

自分のしたことに後悔せず

思いわずらうことなく生きた、そんな気がします。


気になる順位はこちら

人気ブログランキングへ



夏の終わり



2011京都~醍醐の桜と勧修寺と太田神社

ひさしぶりの地域情報の更新です。

2011年も京都など数回出かけているのですが、

この辺りでまとめて掲載します。

(時期が少し過ぎているのでリアルタイムの情報ではないのですが。。。)

まずは、さくらの時期の醍醐寺。

あいにくの雨模様でしたが

数年前には入らなかったエリアに入り感動いたしました。

そこにはこんな立派な桜が!

醍醐の桜

あまりに壮大すぎて、画像縮小!してもこれぐらいです。

醍醐寺に霊宝館というところがあるのですが、

そこのお庭に咲いているしだれ桜がどれも見事でした。

散り始めでしたが、桜吹雪も風情があります。


切ない桜


お昼は醍醐寺の雨月茶屋で

醍醐の四季「一味膳」2段 (3,400円)

醍醐の水で作られた醐山料理。


お弁当

こちらは季節によって中身が変わるようです。

京都らしい小さく小分けされた2段膳で美味しかったです。

湯葉に天麩羅、西京焼き、焚き物、酢の物。

どれをとっても少量ですが、一品ずつこの量を作るのは手間がかかります。

無駄を覚悟しそれ相応の量を丹念に仕込んで

小分けし繊細に盛りつけています。

お吸い物、生クリームを添えた桃、きな粉をまぶしたわらび餅などデザートも。

京都ならではのお膳の箱の中につくりこまれた

味と雰囲気が味わえます。




ついでに訪れた勧修寺でも、池とのコントラストが見事でした。

勧修寺1

静かな池で野鳥や鷺などもいて自然がいっぱいで落ち着けます。

初夏にはハスとカキツバタが楽しめそうです。

勧修寺池2

勧修寺池



そして一カ月後の勧修寺。

この世の極楽!

行ってきました~!!

031 この世の極楽!




まさに極楽ですね。

ついでに上賀茂の太田神社のカキツバタも。

太田神社





ここは平日訪れたせいか、人が少なく平均年齢も

かなり高く??ゆっくり楽しめました。

帰りには、乳酸菌で話題のすぐきの漬物を買って帰りました~!

なり田


すぐきや六郎兵衛


どちらも酸味が効いて美味しかったのですが、

少しなり田のほうが酸っぱい感じがしたかな。

でも、すぐきや六郎兵衛の説明書きにあったのですが、

「真空包装された中でも乳酸発酵が進んでいます」ということなので、

同じ店のすぐきがいつも同じ酸味というわけではないかもしれませんね。



久しぶりの地域情報の更新でした!!


気になる順位はこちら

人気ブログランキングへ








MOONBEAMSへようこそ!

ukulele727

Author:ukulele727
NO MUSIC 、NO LIFE
趣味の音楽に関係することを綴っていきます。

アクセスカウンター
ランキング参加中
気になる順位をチェック 人気ブログランキングへ
リンク
最新記事
カテゴリ
私も買ってます。。
バックナンバー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
MY WISH LIST
STARBACKS COFFE
人気ブログランキング
    
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お役立ち情報!
お買い得情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。